欧州勢が一斉に電気自動車(EV)重視を打ち出す中、トヨタ自動車は現実路線を突き進む。先代の反省を糧に開発した新型「プリウスPHV」は、EV走行性能の向上に力を入れた。三菱自動車とホンダのプラグインハイブリッド車(PHEV)は、EV走行距離で100kmを目指している。“EV派”の日産自動車は、「リーフ」に比べて1/20と小容量の電池に電動車両の将来を託す。

 トヨタ自動車が今冬に満を持して発売する新型PHEVのプリウスPHV。同車に課せられた使命は、累計販売台数で100万台を達成するという極めて高い目標だ。2012年の発売から累計約7万5000台で幕を閉じた初代の失敗を絶対に繰り返さないために、トヨタが捲土重来を期して開発したのがこの2代目だ。

 欧州メーカーはEVとともにPHEVのラインアップを増やしているが、トヨタは1車種でそれらと勝負に出る。ハイブリッド車(HEV)「プリウス」の燃費を上回りながら、EVとしても60km程度走れる。そしてコストも安い。これが新型プリウスPHVの強みだ。

 初代プリウスPHVはプリウスとの違いが曖昧だった。外観はほとんど同じで価格差は70万円ほど高いにもかかわらず、EV走行距離はJC08モードで26.4kmしかなかった。PHEVのメリットを実感する方が難しかった。

 こうした反省から、新型プリウスPHVでは4代目プリウスとの違いを明確に理解できるクルマに仕上げてきた。300万円という車両価格の制約がある中で、HEVのプリウスとの部品共通化によるコスト低減を図った(図1)。

図1 エンジンルームはHEVの資産を極力活用
パワートレーン関連部品の配置を示した。エンジンやPCU(パワー・コントロール・ユニット)、ハイブリッド機構などはHEV「プリウス」の部品に最小限の手を加えて使えるようにした。
[画像のクリックで拡大表示]

 発売前の新型プリウスPHVに試乗したが、「HEVのプリウスとは別モノ」という実感を持った。中でもその差をはっきり体感させたのが、EV走行の適用範囲の広さと力強さである。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら