2016年はVR元年とも言われ、ポケモンGOを除くとメディアなどの注目度もVRがARを大きく上回る。VRがこれほど注目されている理由や、ARとVRの違いは何か。両技術は今後、互いに接点を持ちうるのか、あるいは離れていくのか。ハードウエアとコンテンツの両面で将来動向を予測する。

 ARとVR。メディアなどではしばしばセットで語られるが、現時点では全くの別物だ。HMDの寸法や重さ、利用目的、利用する映像コンテンツ、利用場所など多くの点で対極にあるといえる(図1)。

図1 これまでのARとVRの違いと将来
これまでのARとVRの違いをいくつかのポイントで比較した。HMDハードウエアの点でも、利用目的、そしてコンテンツの点でも大きな違いがあった。ただし最近は、ハードウエアの違いが縮まりつつある。
[画像のクリックで拡大表示]

 あるVRの関係者は、ARとVRの違いを「ARの映像を見るには利用者が外に出かけていく必要がある。一方、VRの映像は、向こうからこちらに来てくれる」と説明する(図2)。それを最も端的に示すのが、AR技術を使うポケモンGOだ。家にこもりがちだった多数のゲーム愛好者を一気に街中や公園などに引っぱり出した。米国では自動車に頼りがちだった人々を歩かせたことで、健康向上に貢献したという指摘もある。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら