車両全体の制御システムにモデルベース開発を適用する動きが活発化している。肥大化するソフトウエアや機能安全規格などのへ対応に向けて適用が不可欠になってきた。その適用領域はソフト開発だけにとどまらず、ハード設計にも広がりつつある。今後のクルマの革新を担う、ADASや自動運転機能の実現にも必須とされる。

 自動車業界では、大規模で複雑な車載制御システムの開発効率向上に向けてモデルベース開発(MBD)の適用が着実に増加している。MBDは開発するシステムで実現したい機能を抽象度の高い「モデル」として表し、そのモデルを使って開発プロセスを進めていく手法だ。1990年代にエンジン用ECU(電子制御ユニット)から導入が始まり、現在では変速機やステアリング、サスペンション、ブレーキはもちろん、インストルメントパネルや電動スライドドアといったさまざまな制御システムのECUに適用されている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら