NAVIGATOR'S EYE
今回の筆者は、英国の科学技術・イノベーション政策に関する最新動向の調査や分析を実施されている、科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター(CRDS)の津田憂子氏です。英国における製造業回帰に向けた動きについてご紹介いただきます。

 現在の英国では、製造業がGDP(国内総生産)に占める割合は9%程度である。日本が19%、ドイツが22%、米国が12%、フランスが11%程度であるのに比べると、英国は先進諸国の中では国全体の経済における製造業の割合が小さい*1

*1 英国は18世紀後半に始まった産業革命発祥の地である。19世紀後半の第2次産業革命時代から始まる英国の衰退については諸説あるが、技術教育の遅れがその1つとして挙げられる。当時、英国の政治や経済を牛耳っていた貴族や地主、金融資本家などの「ジェントルマン」は、製造業のような産業に手を染めることは恥ずべきことと信じていた。Oxford大学やCambridge大学のような有名大学は、科学者を多く輩出したとはいえ、元来、両大学の教育の目的は聖職者の育成にあった。

 諸外国の産業技術力の強さを示す指標として、ハイテク産業の輸出額占有率の動向を見ると、直近の2014年で英国は全体の4%弱を占めるにすぎず、中国(20.8%)、米国(12.7%)、ドイツ(9.1%)に大きく引き離されている(図1)。産業革命発祥の地である英国において、製造業の比率が小さいことは物足りないように感じられる。

図1 主要国におけるハイテク産業の輸出額占有率の動向
世界市場における英国の輸出額占有率は縮小傾向にある。出所:文部科学省
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし、医薬品産業のように、競争力を維持している分野や、回復しつつある分野もある。英国政府は強い製造業の復活を模索し始め、さまざまな支援に乗り出している。高い付加価値を得られる製造業を目指して、大型資金を投入した研究開発プロジェクトが進められている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら