デザインで色を指定するときには、色見本を見て選び、選んだ色見本を人に渡すことで選択結果を伝える。ところが「触覚については、その“見本帳”がない」(NTTコミュニケーション科学基礎研究所人間情報研究部感覚表現研究グループ主任研究員の渡邊淳司氏)。人がある時、あるところで感じた触覚がどんなものだったのか、的確に表現して他の人に伝達する手段がまだ存在していない。

 そこで、触感の“見本帳”を何らかの形で用意することが、触覚についてのデザイン・設計を成立させる上で最初に取り組むべきことになる。色の体系のように、全ての人が感じるあらゆる触感をカバーした完全な体系がいきなり出来ることは、望み薄と言わざるを得ない。しかしそれでも、企業や業界ごとに、取り扱う範囲を限った“見本帳”があれば役に立つのではないか──というのが渡邊氏らの考えだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら