写真:YingHuiTay/ゲッティ イメージズ

手でなでていると、急にざらざらになったり、突起を感じたりする。触感をつくり出す装置は、どの展示会でも多くの人の関心を集める。これまで五感への訴求が大事だといわれながら、大ざっぱだった触覚のデザイン。手ざわり感を向上させる生産技術と、バーチャルに触感を生む技術がいずれも進化しいよいよ製品設計にどう取り入れるかを考える時が来た。

出典:2016年10月号 pp.46-47 日経ものづくり
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。