IHS社は、2016年7月に東京で開催した「31st IHS Display Japan Forum」で今回の予測データを発表した。対象の有機ELパネルはアクティブマトリックス型。有機ELパネルとLTPS液晶パネルのテレビ以外の用途は、ほとんどがスマートフォンである。それ以外には、ヘッドマウントディスプレー、タブレット端末、ノートパソコン、スマートウォッチ、車載ディスプレーなどが含まれる。テレビを含めた有機EL需要は、さらに早く立ち上がるとIHS社は予測している。(図:IHSマークイット テクノロジーのデータを基に本誌が作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォン向けなど小型パネル市場で、有機ELの需要が急拡大するとの見通しを調査会社の英IHS Markit社が示した。同社は、用途別のパネル需要を予測し、スマートフォン用途のハイエンド市場で主力のLTPS(低温多結晶Si)TFT液晶パネルを有機ELパネルが2020年に逆転するとした。

 同社の予測によると、LTPS液晶パネルの需要は2020年に2016年比およそ1.4倍の590m2に拡大すると見込むものの、有機ELの伸びがさらに上回る。有機ELの需要は大きく成長し2020年には2016年比で約2.2倍の640万m2に達するとみる。

 予測の前提は、両パネル需要のほとんどを占めるスマートフォンが有機ELパネルの搭載を拡大させることである。既に韓国Samsung Electronics社は主力の「Galaxy」シリーズに搭載を継続しており、米Apple社も2017年に搭載を始める見込みだ。

 こうした流れを受けて、Samsung Display社、韓国LG Display社が有機ELパネルの増産に乗り出す。ジャパンディスプレイとシャープも有機ELパネル向けに投資すると相次ぎ発表した。中国Tianma Microelectronics社など中国メーカーにも増産または生産を計画しているところがある。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら