遠くの場所の空間を丸ごと再生する、次世代の“空間ディスプレー”。これまでのディスプレーとは異なり、さまざまな位置から、動きながらでも、滑らかで自然な立体像が浮かんで見える。このような空間ディスプレーの実現のカギを握る基盤技術を整理し、今後の技術進化を見通す。

 空間ディスプレーを実現するための基本技術として、現段階では2種類の候補が提案されている。「ライト・フィールド・ディスプレー」と「ホログラム・ディスプレー」である(図1、図2)。いずれも原理的に、これまでの平面タイプのディスプレーとは異なり、さまざまな位置から、動きながらでも、立体像が浮かんで見えることが特徴である。立体像を見るための専用眼鏡を掛ける必要はない。韓国Samsung Display社が「SID(Society for Information Display)」(2016年5月22日~27日、米国サンフランシスコ)で披露した試作品の表示品質はまだ初歩レベルだが、来場者の注目度は非常に高かった。

図1 Samsung Display社がライト・フィールド・ディスプレーやホログラム・ディスプレーを披露
「SID 2016」で開発品を展示した。基調講演では、同社の研究トップが将来のキーテクノロジーとして挙げた。(図:(b)と(d)はSamsung Display社の講演資料を基に作成)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 ライト・フィールド・ディスプレーとホログラム・ディスプレーの概念
ライト・フィールド・ディスプレーでは、フラットパネルディスプレーとマイクロレンズアレーを組み合わせて、あらゆる方向に進む光線を作る(a)。ホログラム・ディスプレーでは、物体から発する(反射する)光の波面を再生する(b)。(図:東京農工大学教授の高木康博氏の資料を基に本誌が作成)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら