平面から空間へ。ディスプレーが、100年に一度の変革を遂げようとしている。「映像の世紀」と呼ばれる20世紀。テレビやパソコンに映し出される映像は、人類の文化や生活を一変させた。映像は全く新しい娯楽やコミュニケーションを生み出し、時には政治にも影響を与えた。これと同等の革新が早ければ5年後にも“空間ディスプレー”によって起こる可能性が出てきた。

(イラスト:笹沼 真人)
[画像のクリックで拡大表示]

 昔はテレビのスクリーン上で相撲を見ていたけれど、今では、まるで我が家のリビングルームで力士が相撲を取っているようだ。土俵上の激しいぶつかり合いに、力士の汗が飛び散り、息づかいまで聞こえてくる。リビングの反対側に回ると、向正面から見た状況が分かる。横綱の上手まわしは切れていたんだ─。

(イラスト:笹沼 真人)
[画像のクリックで拡大表示]

 これが、次世代の“空間ディスプレー”のイメージだ(左のイラスト)。遠く離れた場所での出来事を、丸ごと目の前で再生する。ディスプレーは2次元平面から3次元空間に拡張される。ここに、物体や人などの立体像を空中投影する。遠くの場所の空間が丸ごと再生されるため、あたかもその場所にいるような感覚が得られる。身体は今ここにあるのに、心は遠く離れた場所にあるかのように感じる。まるで幽体離脱を体験した気持ちになる。

 加えて、仮想の再生像が現実(リアル)そっくりになるため、仮想と現実の区別がつかなくなる。これは、人類に新しい視覚体験をもたらす。例えば家やビルの建設予定の更地に、完成後の姿をリアルに浮かび上がらせることができる。ネットショッピングの商品を、さまざまな角度から見て、立体的に確認することも可能だ。おばあちゃんの家に、子供の家族や孫を大集合させることだって、いつでもできる。クルマの助手席に憧れの人を招待することだって難しくない。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら