写真提供:BMW社、VW社
[画像のクリックで拡大表示]

マツダの「ミスターエンジン」、人見光夫氏の読み通りに世界が動き始めた。ドイツ勢が主導し、一世を風靡した「ダウンサイジング」は終わる。次の主役に推す技術は、マツダをはじめとした日本勢が採用してきたものに近かった。苦渋の日本追従に映る中、日本勢は突き放しにかかる。究極のエンジン「超リーンバーン(希薄燃焼)」に挑む。

出典:2016年7月号 pp.40-41 日経Automotive
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。