炭化ケイ素(以下、SiC)連続繊維は、航空機エンジンや火力発電用ガスタービン向け耐熱素材の主役になる──。

 2016年9月16日、日本カーボンと米General Electric社(以下、GE社)、フランスSafran社の3社合弁であるNGSアドバンストファイバー(富山県富山市)は、新工場の竣工式を開催した(図1)。約60億円を投資し、2016年中にSiC連続繊維の生産を開始。生産能力をこれまでの10倍の年間10tに拡大する。

図1 NGSアドバンストファイバーの新工場の竣工式
2016年9月16日、日本カーボンと米General Electric社、フランスSafran社の幹部が集まって竣工式を開催した。
[画像のクリックで拡大表示]

 SiC連続繊維は、軽量で耐熱性が高いセラミック・マトリックス複合材(以下、CMC)に使われる素材。もともと日本カーボンが開発した技術で、これに目を付けたGE社とSafran社が加わり、2012年に3社合弁のNGSアドバンストファイバーを設立した。

図2 航空機エンジン「LEAP」
GE社とSafran社の合弁会社のCFM International社が製造する。LEAPは欧州Airbus社の「A320neo」、米Boeing社の「737MAX」などの最新鋭機に搭載される。
[画像のクリックで拡大表示]

 CMCは、航空機エンジン向けで主流のニッケル(Ni)ベース超合金と比べて、質量を約1/3に減らせる一方、強度を2倍に、耐熱温度を20%向上できる「夢の素材」(GE社)だという。

 このCMCは、GE社とSafran社が製造する航空機エンジンや、GE社の火力発電用ガスタービン向けなどで、今後3~4年で採用が大幅に拡大する見込みだ。既にGE社とSafran社の合弁会社であるCFM International社が製造する新世代の航空機エンジン「LEAP」がSiC連続繊維を使うCMCを採用している(図2)。GE社が製造する「GE9X」というエンジンも同様にCMCを採用する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら