高度化が求められる電気自動車(EV)時代の電源には、様々な新技術が投入されている。前回は車載充電器に用いられる絶縁型コンバーターの中でフルブリッジコンバーターに着目し、解説した。今回は連載の最終回として、先端的電源技術の事例と、注目に値すると思われるカレントダブラー方式のコンバーター回路について紹介する。(本誌)

 最新の電気自動車(EV:Electric Vehicle)やハイブリッド車(HEV:Hybrid Electric Vehicle)の電源技術として、日産自動車の「リーフ」およびトヨタ自動車の「プリウス」に搭載されている技術を解説する。さらに、太陽光発電や系統電力とEVを連携させる双方向充電給電システムについて、最後にカレントダブラー方式のコンバーター回路について紹介する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら