これまで本コラムでは、インダストリー4.0(I4.0)のさまざまな側面を紹介してきました。筆者の意図としては、ドイツでは有名だが日本ではあまり知られていないテーマや、日本で誤解されて伝わっているテーマを中心に取り上げました。

 毎回独立したテーマを選んできましたが、本コラムの記事や、本誌2018年2月号特集「働き方改革はドイツ流で」の筆者寄稿「曖昧さを好む日本、原理・原則を追求するドイツ」を通して読んでいただくことで、ドイツにおけるI4.0の取り組みと、その背景にある意図が見えてきたのではないかと思います。特に、I4.0のまとめ役であるPlattform Industrie 4.0(Plattform I4.0)の5つのワーキンググループ(WG)のうち、法的な側面を検討するWG以外の4つについてはかなり詳細に説明できたと思っています。

 I4.0には多様な側面があるので、端的に言い表すのはなかなか難しいのですが、最終回となる今回は筆者が考えるI4.0の本質について述べていきます。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら