大半のエレクトロニクスメーカーが研究所を縮小する中、2010年代に入って日本電産は2つの研究所を設けた。2012年に立ち上げた中央モーター基礎技術研究所と、2015年に立ち上げた生産技術研究所だ。前者はモーターに関するあらゆる研究を行う。一方後者は、生産技術だけでなく、より広範な先端技術の研究を担う。

 10兆円企業に向けた、新たな事業の柱を作るための重要拠点。それが、日本電産が2012年に立ち上げた中央モーター基礎技術研究所と、2015年に立ち上げた生産技術研究所である。

 中央モーター基礎技術研究所では、モーター本体だけでなく、構成材料から制御方法、CAEまで、次世代のモーターで必要な技術の基礎研究に加えて、その応用研究まで取り組む。その中心は、2014年に神奈川県川崎市に新設した研究施設である。加えて、モーターの構造や制御の基礎研究を台湾の研究拠点が、ロボット向けモーターや計測技術、CAEの高度化をシンガポールの研究拠点がサポートする(図1)。

図1 次世代のモーター基礎技術を3極で研究
日本電産の中央モーター基礎研究所では、次世代のモーターに必要な各種技術や応用技術などを研究する。神奈川県川崎市の研究施設の他、台湾とシンガポールに研究所を設けて、3極体制で研究を進めている。それぞれの拠点で、地元の研究機関や大学との連携も図る。(写真:日本電産)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら