大手自動車メーカーから家電メーカー、そしてIT企業までがこぞって開発する超小型電気自動車(EV)だが、日本での市場成長には大きな課題が残っている。一部の例外を除き、歩道を含む公道でこうした電動車両の走行が許されていない。敢えて公道でSegway PTに乗った人が逮捕された例もある。日本と海外の規制の違いと今後の見通しを紹介する。

 「一体いつになったら公道を走れるのか」「規制緩和で誰が困るのか」─。複数の超小型電気自動車(EV)メーカーの関係者は、日本の超小型EVに対する道路や車両の規制に強烈な不満をあらわにする。現時点では、Segway PTなどのジャイロポッドは、歩道を含む公道での乗車が基本的には許されていないからだ。国土交通省が「超小型モビリティ」と呼ぶ3~4輪の小型自動車タイプのEVでさえ、利用できる地域は非常に限られる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら