心臓、脳、耳、目、足を磨く低速/超低速の超小型電気自動車(EV)は、クルマというよりむしろ、人間によく似たロボットに近い。自動運転の人工知能は“脳”、電源は“心臓”、姿勢制御のジャイロ/加速度センサーは、耳の中の“三半規管”、レーザーセンサーやステレオカメラは“目”、モーターや車輪は“足”に相当する。各メーカーは自らの強みを生かし、それぞれに特徴ある“EV”を開発している。

 低速/超低速の超小型EVは、高速道路などに向けて開発が進む一般的な自動運転EVとは開発のポイントや実現すべき機能が大きく異なる。

 超小型EVでは人が行き交う生活道路や歩道、さらには屋内での走行を想定している。このため、超小型EV向け自動運転技術では、設定されたルートを通りながら自律的に人や障害物を避け、しかも特定の人を追跡するような機能の実装も求められている。

 それらの実現のために利用する多数のセンサーの多くは、人間の五感と同様な役割を果たしている。そして必要な応答速度も100Hz程度と人間のそれに近い。結果として、センサーや部品・部材も、必ずしも超高性能ではない民生品からの流用がある程度可能で、そこに自動車メーカーでない民生品メーカーやベンチャー企業の参入余地が生まれている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら