超小型EVの開発ラッシュの背景には、クルマの家電化に伴う参入障壁の低下がある。白物家電やスマートフォンの技術に、ロボット技術、人工知能を含む自動運転の技術を融合したものだからだ。そう遠くない将来、スーツケースや椅子、買い物カゴすらも自動運転技術で走り出す、いわば「MoT(Mobility of Things)」時代がやって来そうだ。

 人やモノの移動を低速/超低速で実現する1~2人乗りの超小型電気自動車(EV)は、今注目を浴びている自動運転EV技術の適用先として大化けする可能性がある。これまで市場はないに等しい状態だったが、巨大市場に育っても不思議ではない。実際、その果実を手にすることを目指し、さまざまなメーカーが多様な製品を生み出し始めた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら