曲がり角を迎えたiPhone。2015年9月に発売した「iPhone 6s/6s Plus」の販売台数は当初予測を下回る見通しだ。最近は、新機種が登場しても「驚きがない」と言われることが多い。状況を打開するには、消費者に「欲しい」と思わせるハードの開発が求められる。鍵を握るのがデザインの革新。機器の形を決めるディスプレーが担う役割は特に大きい。

 「A社とB社の有機ELディスプレーは、Apple社の1次試験を通過したそうだ」。「試験を通らなかったC社は、有機ELディスプレーの開発方針を変更したらしい」。「D社は新工場の主力製品を液晶から有機ELに切り替えた」─。2015年末から2016年初頭にかけて、こうしたiPhoneと有機ELの情報がディスプレー業界を駆け巡った。

 米Apple社が「iPhone」に有機ELディスプレーを採用する可能性が高まっている。早ければ2018年下期に発売される機種に、搭載されることになりそうだ。これまでにない革新的な端末のデザインを可能にする、折りたたみ型の有機ELディスプレーの採用が有力である。

 これまでスマートフォンのディスプレーは液晶がほとんどだったが、iPhoneに有機ELが採用されれば、他の端末にも広がる可能性は高い。液晶ディスプレーを主力としていたパネルメーカーも、有機ELディスプレーの供給体制の構築へ動き出した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら