前2回は、ソニーの中期経営方針の3つの基本のうち「各事業ユニットの自立と株主視点を重視した経営」と「事業ポートフォリオの観点からの各事業の位置づけの明確化」へダメ出しをした。今回は、「ビジネスの本質」に準じて、残る1つ「一律には規模を追わない収益性重視の経営」を考察する。

 そもそも、ビジネスの本質とは何か。世の中のさまざまなビジネスから偶有性を全て捨象すると、「顧客に価値を提供して対価を得ること」だけが残る。つまり、それこそがビジネスの本質といえる。よって、ビジネスを行う上で、対価を得ることを重んじるならば、それよりも顧客に価値を提供することを重んじなければならない。

 ところが、しばしば企業は、そのことを忘れて、売り上げの拡大という形で対価を得ることばかりを重んじる。それは顧客に提供する価値(=商品)の魅力を損ない、顧客の減少や商品価格の下落につながり、結局は売り上げの縮小を招く。

 この「売上至上主義」と呼ばれる病に、近年のソニーだけでなく一体どれだけの企業が冒されてきたことか。東芝のように病が高じて不祥事を起こした企業も少なくない。

 そう考えると、先の中期経営方針で「一律には規模を追わない収益性重視の経営」だけは好感できる。同社の設立趣意書の経営方針の1番目に掲げられている「不当なる儲け主義を廃し、あくまで内容の充実、実質的な活動に重点を置き、いたずらに規模の大を追わず」に通ずる(図1)

* ただし、「一律には」は余計である。本質とは普遍的なものだから、それに準じた「規模を追わない収益性重視の経営」は、常に正しいものといえる。「一律には」とあるところを見ると、本質を分かった上でそれを言っているのか怪しい。そんなことでは、収益(利益)性も危うくなりかねない。顧客に価値を提供することを重んじなければ、結局は利益の縮小を招く。

図1 ソニー設立趣意書にある経営方針
(同社Webサイトの「設立趣意書」ページから)
[画像のクリックで拡大表示]

 我々ビジネスマンは、「あくまで内容の充実、実質的な活動に重点を置く」こと、つまり、ひたすらに顧客に価値を提供することを重んじればいい。その結果、相応の能力さえあれば、自ずと顧客価値が大きくなって売り上げは拡大し、ムダが減って利益は拡大するものなのである。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら