「ソニーが作ったおもちゃ」として注目を集める「toio(トイオ)」。小型ロボットに紙やレゴブロックなどで作った「かぶりもの」を載せて遊ぶ。2017年12月の発売前の6月に先行予約販売を始めたところ、初回限定版や通常版の一部が完売するなど、人気を博している。そんなtoioの開発を主導する田中章愛氏に、電子玩具との違いや事業戦略などについて話を聞いた。

田中 章愛(たなか・あきちか)氏
筑波大学大学院を修了後、ソニー入社。ロボットの研究開発などに従事し、2014年から新規事業創出プログラムの立ち上げ・運営に携わる。2016年からtoio事業を率いる。(写真:加藤 康)

 私はもともと、ハードウエア関係、特にソニー本社の研究所でロボットを研究開発していました。そのころ、新しいエンターテインメントとして、実世界で何かゲーム性のある遊びができるのではないかという研究として、ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)のAlexis Andreと共に取り組んでいたのが、「toio」(トイオ)の出発点です。2012年のころでした。

 実世界の良さは、直接、世界やキャラクターを「いじれる」ところです。仮想空間内でリモコンやコントローラーなどを使って間接的にキャラクターをいじっても楽しいのですが、仮想空間で物理的な感覚として「モノに触れる」ことは、大がかりな装置を用いた壮大な研究テーマになるほど、さまざまな技術を使わなければ実現できません。コントローラーのボタン操作で、仮想空間内に自分の好きなキャラクターを作るにも、複雑なコマンド操作や高いスキルを要求されます。

 一方で、実世界であれば、自分が作ったキャラクターを動かす喜びを提供しやすい。おもちゃの世界に入り込んだと錯覚する遊びを提供できれば、子供は夢中で楽しむし、いろいろな学びを得られると考えたところから研究を始めました。何より、子供の創造性を引き出す遊びを実現しやすい。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら