読者から

新幹線台車亀裂の事象について

 2017年12月に発生した新幹線の台車亀裂発生の事故が気になっている。冶金・金属学的な面からの発生原因の分析やJRがなぜ非破壊検査(浸透深傷や磁粉損傷)を適用しなかったのかといった観点の記事が読みたい。安全工学的な視点での調査や分析も取り上げてほしい。(その他製造業、品質保証・品質管理)

トレンドを知りたい

 品質に対する世の中の会社の取り組みをもっと詳しく知りたい。全数検査が当たり前なのか、あるいは、検査自体は価値を生まないという考えで検査以外の方法で品質を担保するのか、現在の品質管理の考え方のトレンドを知りたい。(その他製造業、生産技術・生産管理)

話のネタになる記事が多い

 クルマの記事にどうしても目がいく、参考になる記事も多いと感じている。仕事で人と話をする時に、話のネタになることが多くとても有用な雑誌だと思う。品質や原価といった基礎知識をイチから学ぶコーナーがあるとありがたい。(産業用機器メーカー、試作・実験)

就職活動のために購読

 学生だが、就職のためどのような会社が何をしているのか、どこを目指しているのかを知るために読んでいる。会社内での教育などの話にも興味がある。社会人になっても勉強させてもらいたい。(学生)

最新動向の調べ方を知りたい

 金属積層技術に関わる仕事をしているが、技術や他社の動向を知るのが難しい。最新技術の動向はどうやって調べるのか。調査や学習の手法を取り扱ってほしい。(機械部品・電子部品メーカー、研究・開発)

IoT、MESに関する情報を

 世の最新動向を掴む手段としてWebサイトも含めて活用している。読み終えた号は若手育成カリキュラムの担当者に渡している。IoT(Internet of Things)、製造実行システム(MES)に関する情報をお願いしたい。(自動車等輸送用機器メーカー、製造・工場)

漫画を付加するのはどうか

 記事に漫画を付加するというアイデアはどうか。面白く読みやすくなり、若い世代も受け入れられるのでは。固いイメージがあるので、少々崩してもよいと思う。(その他、製造・工場)

顧客の立場ならどう感じるか

 不具合が発生しても、恒久的な対策は現場からほとんど出てこない。「周知した」との回答がいつも出てくるのが不満だ。「自分が顧客の立場だったらどう思うか」を丁寧に毎日のように伝えて、失われた品質向上への意識を取り戻したい。最近では中国の現場の人の方が意識が高く感じるほどで、危機感を持っている。(その他製造業、品質保証・品質管理)

一般受けする記事も

 「遊園地の乗り物、レーシングカー、ロケット」といった一般受けする技術の記事の掲載をしてほしい。私が本誌を購読するきっかけになったのが童夢のF1の記事だった。(一般機械メーカー、設計)

ものづくり産業のテーマを

 毎号楽しみに読んでいる。自分が関わっている業務で活用出来そうな記事があれば参考にしている。2020年東京オリンピックに関わるものづくり産業にスポットを当てたテーマなど拝見したい。(機械部品・電子部品メーカー、生産技術・生産管理)

読みごたえのある記事を希望

 月刊誌なので、一歩先のトレンド、投資の方向性(5~10年先)が先読みできる、読み応えのある記事を希望する。各業界の経営トップの生の声をもっと充実させてほしい。(その他製造業、製造・工場)

いつも面白く拝見している

 工場への製作仕様をまとめる設計者の教育や資料・システムの改善などに携わっている。そうした業務の中で、さまざまな製造に関する最新情報やヒント、協力していただけそうな会社の報告が記事の中にあり、いつも面白く拝見している。大変自分の刺激になる。今後も良い記事をお願いする。(その他)

編集部から

 IoTやコンピュテーショナルデザインが普及すると、新たな職能が必要になりそうです。ネットワークやソフトなどICTの動向や使い方と、製造の現場の両方を熟知し、デジタル技術を工場などリアルな現場に導入する橋渡し役を務める存在です。「挑戦者」と「特集 設計はコンピューターに考えさせる」で紹介した竹中司氏は、まさにそんな職能の草分け。プログラムを書き、ロボットで工場改革を進める竹中氏のような「デジタルエンジニア」が今後、増える予感がします。(高市)

出典:日経ものづくり、3月号 pp.100-101
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。