横浜ゴムは2017年10月、「インフォマティクス技術を用いたタイヤ設計技術を開発した」ことなどについて発表した。インフォマティクスは「シミュレーションと機械学習の組み合わせで設計を支援する枠組み」(横浜ゴム理事で研究本部小石研究室・研究室長の小石正隆氏)という。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら

横浜ゴム、機械学習で次世代タイヤ&ゴム設計、6000通りのモデルを学習