コンピューターに設計を考えさせる利点の1つは、設計上のさまざまなアイデアを得られることだ。シミュレーションのリアルタイム実行は同じ目的を別の方法論で実現する手段になる。最近になってGPU(グラフィックス・プロセッサー)の高い計算能力を生かし、構造解析や流体解析のシミュレーション結果を即座に計算するツールが相次いで開発されている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら