電動化・自動運転時代の到来に向け、日本の部品メーカーにとって脅威となりつつあるのが、「メガサプライヤーの勢力拡大」と「エンジン車の減少」。何も手を打たなければ、既存事業が先細りになるのは必至だ。先を行く部品メーカーは、モジュール化と仲間づくり、エンジン車部品以外の新規事業の創出を急ぐ。

メガと戦う部品メーカー

 「100年に一度」と言われる変革期の真っただ中にある自動車業界。自動車メーカーには、既存のエンジン車の開発・改良に加えて、電動車両や自動運転車、コネクテッドカーなど幅広い研究・開発が求められている。

 そうした中で勢力を拡大してきているのが、メガサプライヤーである。規模が大きく人材や資金(リソース)が豊富なメガサプライヤーは、専門分野では自動車メーカーを凌ぐ高い技術力や情報力を持ち、部品を大量かつグローバルに供給する能力を備える。類似の部品を大量に供給することでコスト面でも優位性を持ち、性能でも自動車メーカーの内製品を上回るケースが出てきた。幅広い専門分野を手掛けるメガサプライヤーも存在し、開発領域の拡大でリソースが不足しがちの自動車メーカーにとって頼りになる存在だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら