これまでのEVブームと、今回のブームは大きな違いがある。従来は環境規制がEV普及のけん引役となっていたのに対し、今回は複数の要因があるからだ(表1)。例えば、地域への乗り入れ規制、内燃機関(エンジン)車の販売規制、各国のエネルギー政策、産業振興政策、ドイツVolkswagen社を始めとしたディーゼルエンジンの排ガス不正事件の影響など、多岐に渡る。これら複数の要因が絡んでいるのだ。

表1 EV普及の主要因子
EV化を促す要因が、これまでの燃費(CO2)規制から、乗り入れ規制や販売規制、各国の産業政策などに広がりつつある。出典:ADL
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら