左が本田技術研究所 四輪R&Dセンター 第4技術開発室 第2ブロック マネージャー 主任研究員の貝塚正明氏、右が同室 第3ブロック 研究員の山口直志氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「(電動化に向けた)大きな武器を手に入れた」―本田技術研究所 四輪R&Dセンター 第4技術開発室 第2ブロック マネージャー 主任研究員の貝塚正明氏はこう胸を張る。大きな武器とは、2016年以降、ホンダのハイブリッド車(HEV)に採用されている新構造の駆動用モーターを指す。従来型の駆動用モーターに比べて、出力やトルクを同程度に維持しつつ、体積を約23%、重さを約23%削減した(図B-1)。その結果、インバーターや減速機などを含めた駆動システム「i-MMD」の小型化につながった。現行アコードのHEVに採用した2モーター(モーターと発動機)の駆動システムでは、従来型のモーターを利用する場合に比べて、高さを約9.2%、幅を約9.7%削減できた。

図B-1 駆動用モーターを小さく軽く
本田技術研究所は、従来に比べて小型・軽量化した新構造の駆動用モーターを開発した(a、b)。より幅広い領域で、高効率な駆動が可能になった(c)。モーターを小型化したことで、ホンダの駆動システム「i-MMD」の小型化につなげた。幅を9.7%、高さを9.2%、それぞれ削減できた(d)。(図:(c)と(d)は本田技術研究所の資料を基に本誌が作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 駆動システムの小型化によって、より多くの車種への水平展開が「容易になった」(貝塚氏)という。従来型のモーターを利用した駆動システムのサイズでは、水平展開できるのは「セダンタイプを中心に、2~3車種ほど」(同氏)だった。

 新構造のモーターを標準とし、それぞれの車種が求める仕様に応じて若干の変更を加え、さまざまなHEVに展開する考えである。ほぼ同一の構造を備えたモーターを大量生産することで、部材の調達コストや製造コストなどの削減を図る。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら