自動車線維持機能の継続性に着目し、現状の自動運転機能の実車試験を実施した。対象は、現在日本で市販されている同機能搭載車のうちの最新の6車種である。結果は、ドイツDaimler社「メルセデス・ベンツ」ブランドの「Eクラス」が首位。スウェーデンVolvo社の「V90」とSUBARU(スバル)の「レヴォーグ」がそれに続いた。

 「白線を踏んだので操舵に介入しました」「分岐で迷ったのか車両が左に寄りました」。今回の自動運転機能の実車試験中、車内で飛び交った会話の一部である。2017年9月25〜30日、日経Automotiveは高速道路での利用を想定した「レベル2」の自動運転機能(同一車線内)について、自動車線維持機能の継続性の観点から実車試験を実施した(次ページの表)。

 対象は、日本で市販中の6車種。Eクラス、V90、レヴォーグ、ドイツBMW社の「5シリーズ」、日産自動車の「エクストレイル」、ドイツAudi社の「A5」である。後述するアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)と自動車線維持の両機能を同時に作動させ、自動車線維持機能がどのくらい継続可能かを調べた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら