予防安全性能の強化だけでは、クルマの安全性の向上は不十分だ。実際に2018年以降、世界の衝突安全基準はより厳しくなる。自動車メーカー各社は、新たなボディー骨格で今後の厳しい基準に対応する。ボディー骨格の質量増加を抑えながら強度をどう高めるかがカギとなる。

 自動ブレーキなどの予防安全機能が進化すると、運転者の操作ミスによる交通事故が減る可能性が大きい。その結果、衝突安全の重要性は、今よりも薄れてくるという見方がある。

 これに対してスバル常務執行役員の大抜哲雄氏は、「衝突安全機能の強化なくして、クルマの安全性向上はあり得ない」と言う。予防安全機能がどれだけ進化しても、全てのクルマに搭載されない限り、「もらい事故」などの不可避の事故はなくせないからだ。衝突安全機能の強化は今後も、自動車メーカーにとって重要な課題である(図1)。

図1 より複雑で多様になる衝突の形態
スモール・オーバー・ラップ衝突や斜め(オブリーク)衝突、重量車衝突などの厳しい条件に対応するには、プラットフォームの改良が必要になる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら