本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 筆者は2015年10月号の本コラムでロボットと法に関する寄稿を執筆したが、その後、自動運転システムと法の関係を巡る議論が活発化するきっかけとなりそうな事故が2件発生した。そこで今号では、これらの事故に対する社会の反応を紹介し、自動運転システムの普及に合わせて法律をどのように整備していくべきかを考えてみたい。

この先は日経Robotics購読者限定です。