本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 「ソフトロボティクス」についての研究が世界各国で始まっている。ソフトロボティクスとは、ロボットの体を柔らかい素材で構成した場合にどう制御するか、どう行動計画を立てるかといったことを考える研究分野である。

 具体的には、空気圧で形状が変わるようなハンド、「直列弾性アクチュエータ(SEA:series elastic actuator)」のようなバネ入りのアクチュエータを用いたロボット、クラゲのような軟体構造のロボット、生物のしなやかな動作を実現できるようなロボットなどがある。直列弾性アクチュエータを用いたロボットとしては米Rethink Robotics社の双腕型協働ロボット「Baxter」などが著名で、触れたことがある方もいるだろう。

この先は日経Robotics購読者限定です。