本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 サイボーグオリンピック、アイアンマン大会などとも呼ばれる「Cybathlon」の第1回大会が2016年10月8日、スイスで開催された。スイスETH Zurich(チューリッヒ工科大学)が企画した大会で、ロボット工学や生物機械工学などを応用して重度の障害を持つ人の身体能力を拡張し、与えられたミッションをクリアできるかどうかを競う。障害者のためのロボットやセンサ、脳波認識技術などの技術レベルを向上させるきっかけとなることを狙う。競技種目は6部門あり、パイロット(選手)がパワード義足/義手/車椅子、ウエアラブル(外骨格)ロボットなどを着用して競技をする。

この先は日経Robotics購読者限定です。