本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 すべてのモノがインターネットにつながる「IoT(Internet of Things)」の進展と共にコンピュータの処理能力が高まり、膨大なデータを迅速に処理・解析できるようになった。それに伴って多くの分野で、購買・移動・視聴といった様々な行動履歴などを加工してビッグデータとして活用する取り組みが進んでいる。さらに近年は、人工知能(AI)に関して「深層学習」(ディープラーニング)の手法が開発され、人間の詳細な指示を受けずにデータを自律的に解析する技術も飛躍的に進歩しつつある。

この先は日経Robotics購読者限定です。