本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 欧州で自動航行する船舶の産学共同研究プロジェクトが進んでいる。船舶関連機械などを製造・販売する英Rolls-Royce Holdings社や海運関連企業、衛星通信事業最大手の英Inmarsat社などが参画。2017年末までに技術・法律・安全面の総合的な仕様を提示し、10年以内の商業利用を目指す。船員や運航費の削減、積載貨物の増加などを狙う。

この先は日経Robotics購読者限定です。