本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 意外な企業がロボット事業に参入した。古河電気工業である。同社は主力事業である光ファイバ製造の関連で、光ファイバ向けの通信装置や光ファイバを使ったCATVサービス向け装置などを手掛ける。今回、その光ファイバを使ったCATVの付帯サービス向けに、見守り用ロボット「CATI」を自社開発した(図1)。

この先は日経Robotics購読者限定です。