本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 台湾・鴻海精密工業(Foxconn社)やソフトバンクグループなどが出資するロボットベンチャーが、中国にあることをご存じだろうか。中国China Mobile社の研究部門であるChina Mobile Research InstituteでDirectorなどを歴任したXiaoqing Huang(黄曉慶)氏が2015年4月に創業した、CloudMinds社(達闥科技)という企業である。

 同社は日本ではほとんど知られていない企業だが、創業のシード段階でエンジェル投資家から約3億円、2016年1月のシリーズAラウンドでは約28億円もの資金を調達。北京に開発拠点を置き注1)、現在150人もの従業員を抱えるまでに成長している。「2025年までにすべての家庭にロボットを届ける」とする。

注1)建築家の故Zaha Hadid氏が設計したオフィスビル「望京SOHO」に拠点を構える。

この先は日経Robotics購読者限定です。