本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 2016年7月に米Amazon.com社が開催した物流向けのピッキング技術の国際競技会「Amazon Picking Challenge(APC)」。日本から出場し、ディープラーニング技術を駆使してPick部門で2位と好成績を収めたAIベンチャーのPreferred Networks(PFN)が、その技術を一層、ブラッシュアップさせている。2016年10月に開催された展示会「CEATEC JAPAN 2016」に初出展し、APC参加時に利用したシステムの改良版を披露した(図1)。

この先は日経Robotics購読者限定です。