本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 スポーツ選手が、コーチの示したお手本の動作を見て、自分でも真似して動作を改善していく─。

  スポーツの分野などで人間が自然と行っているこのようなトレーニングの形態を(図1)、ディープラーニングを応用してロボットで実現する技術が登場した。

 ロボット向けディープラーニング技術の世界的気鋭で、本誌でも度々登場しているUniversity of California Berkeley(UCB)准教授のSergey Levine氏らのグループが2018年2月に発表した技術である。

  Levine氏はUCBだけでなく、AI研究の世界トップ集団である米グーグルでもResearch Scientistを務め、英DeepMind社などとも連携してロボット向けディープラーニング技術を研究している、まさに世界の最先端を行く人物である。今回の技術は、そんな人物が満を持して発表したものだ。

図1 お手本の動作を見て自らの動作を改善する「模倣学習」
模倣学習は、スポーツなどにおいてコーチの動作を見ることで、選手が自らの動作を修正・改善するようなイメージで、ロボットへの教示を可能にする。
[画像のクリックで拡大表示]