本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 2016年7月1日~2日にドイツ・ライプツィヒにおいて、物流におけるピッキング作業を自動化することを目的としたロボット競技会「Amazon Picking Challenge」(APC)が開催された。

 本誌前号では、ピッキング時のアイテムの画像認識で機械学習手法の一種「ディープラーニング」が席巻したといったAPCの全体動向、さらには首位のチームであるオランダ「Delft」のシステム構成や認識手法について詳述した。

この先は日経Robotics購読者限定です。