特殊なパターンを印刷したフィルムをイメージセンサの直前に配置して光線情報を符号化。画像処理によって結像させる。レンズを不要にしてコストを低減できるほか、カメラモジュールを薄くできる。
図1 レンズ不要で結像できる技術を開発
特殊なパターンを印刷したフィルムをイメージセンサの直前に配置して光線情報を符号化。画像処理によって結像させる。レンズを不要にしてコストを低減できるほか、カメラモジュールを薄くできる。

《日経Robo》レンズ不要の日立の極薄カメラ技術、ロボットの外装や指などに“貼れる”