LIDARなどを使わず、通常の単眼RGBカメラのみを用いてロボットの自己位置推定や地図作成を実現する「単眼visual SLAM(vSLAM)」技術。英Dyson社の「Dyson 360 Eye」や米iRobot社の「Roomba(ルンバ)980」といったロボット掃除機に搭載され、民生品レベルで普及しているが、こうしたvSLAM技術をロボットメーカーなどに向けて市販ソフトウエアとして提供する専業ベンダーが今、台頭しつつある。

この先は日経Robotics購読者限定です。