画像認識向きのディープニューラルネットワーク「CNN」で単眼画像から距離を推定し、その結果をvisual SLAMに入力して、より頑健な3次元復元を実現した。ドイツTechnical University of Munich(TUM)とキヤノンが開発した。写真は部屋内の復元結果。緑色の線はカメラの移動軌跡。(写真:TUM)
図1 ディープラーニングと単眼vSLAMを組み合わせ
画像認識向きのディープニューラルネットワーク「CNN」で単眼画像から距離を推定し、その結果をvisual SLAMに入力して、より頑健な3次元復元を実現した。ドイツTechnical University of Munich(TUM)とキヤノンが開発した。写真は部屋内の復元結果。緑色の線はカメラの移動軌跡。(写真:TUM)

《日経Robo》キヤノンが取り組んだディープラーニング技術とは