電気・電子系技術者が備えている実力を客観的に把握するために開発された試験「E検定 ~電気・電子系技術検定試験~」(過去のサンプル問題や出題範囲などE検定の詳細はこちら)。E検定で出題される問題例を紹介する本連載の問77は「電気回路」の分野から、並列抵抗回路の最大消費電力を求める問題である。

【問題を解く意義/理由/効能】

 並列抵抗回路の最大消費電力を求める問題です。並列抵抗回路の抵抗の消費電力が最大となる条件を知ることにより、並列抵抗回路の抵抗の最大消費電力の計算ができるようになります。

【レベル】概念の応用能力(レベル2)

【正答率】29.2%


【問77】
図のように電流Iが固定抵抗R1と可変抵抗RVの並列回路に流れている。可変抵抗RVの最大消費電力はどれか。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!