基本レベルなのに正答率が高くない問題は、自分の理解度を測る上で役立ちます。「E検定 ~電気・電子系技術検定試験~」で出題される問題例を紹介する本連載の問89では、バイポーラトランジスタを用いた定電流回路に関する基本的な問題を紹介します。レベル1の問題ですが、これまでの正答率は52.8%にとどまっています。

【分野】 電子回路

【レベル】 基本的な用語と概念の理解(レベル1)

【正答率】 52.8%


【問89】
図の定電流回路において、最も出力電流IOUTが大きくなる組み合わせはどれか。なお、条件は以下とする。

  • ここでのパラレル接続とは、コレクタ、ベース、エミッタに別トランジスタ一個を並列に接続することをいう。
  • トランジスタの特性は全て等しい。
  • hfeは無限大とする。
  • VOUT電圧はhfeが変化しない領域である。
  • アーリー効果は無視できる。
  •  Q1、Q2ともパラレル接続しない。
  •  Q1にパラレル接続する。
  •  Q2にパラレル接続する。
  •  Q1、Q2ともにパラレル接続する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!