ショッピングモールに「介護」ののれんを掲げたワケ(page 2)

佐々木麻希氏 ポポ・ケセラセラ 取締役

2018/10/15 10:00
伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス

――なぜコピーライターから介護業界に。

 もともとは、ポポ・ケセラセラの親会社であるケセラセラでライターとして働いていました。仕事にもようやく慣れはじめた頃、祖父の認知症が急速に悪化。徘徊時に転倒したことをきっかけに、祖父は残りの人生を病院のベッドで過ごすことになりました。

 病床に伏してからの祖父の生活は、何もかも一変しました。私がお見舞いに行くと、手足を紐で縛られていることもありました。「認知症で点滴を抜いてしまうから仕方がない」という医師の言葉に、家族は黙ってそれを受け入れることしかできませんでした。拘束によって皮膚がめくれた痛々しい手首を「痛いね、ごめんね」と言いながら優しくさすっていた祖母の姿が、今でも忘れられません。

クリックすると拡大した画像が開きます

 ただ、私にとってこれは初めての経験ではありませんでした。実は、母方の祖父も私が中学の頃にまったく同じ状況で亡くなっていたのです。喉を切開され、骨と皮だけになった大好きな2人の祖父の最期は、自らの意思で生きているというより、生かされているという印象でした。

 ちょうどその頃、仕事で取材に訪れた会社で、現在ポポ・ケセラセラのCOOを務める齋藤清昭と出会い「自立支援介護」という専門性の高い介護とパワーリハビリテーションという高齢者に効果的なリハビリテーション手法があることを知りました。当時の祖父が置かれていた環境とはあまりにもかけ離れたポジティブな概念と手法に、大きな感銘を受けました。

 自立支援介護とパワーリハビリテーションについて知るうちに、「もし私がこの専門性をもっと早く学んでいたら、おじいちゃんはあんな死に方をしなかったのかもしれない」という気持ちが沸き上がり、それまで歩んできたキャリアを捨て、思いきって取材先のデイサービスに介護職員として転職しました。

 その後、ケセラセラの社長から「デイサービスでの経験を生かし、ケセラセラが持つデザインの力を武器に、介護業界を一緒に変えていかないか」という提案を受け、齋藤とともに2017年9月にケセラセラの子会社として人の健康にまつわる事業を展開するポポ・ケセラセラ株式会社を立ち上げました。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング