今週、幕張メッセで開催の「東京ゲームショウ2016」(ビジネスデイ:2016年9月15~16日、一般公開:17~18日)は、今年で20周年を迎える。これを記念し、特設コーナー「エンターテインメントの未来」コーナーを会場に設ける(発表資料)。ここでは、現在研究が進められている先端技術を紹介し、ゲームやエンターテインメントの未来像の1つとして提示する。

 その中で、ソニーコンピュータサイエンス研究所と山口情報芸術センター(YCAM)が「視点交錯おにごっこ」を出展する。「視点共有」技術を駆使するユニークな研究成果だ。そこで、同研究所 アシスタントリサーチャーの笠原俊一氏に、視点交錯おにごっこ開発の狙いや、そこから得られた成果などについて、語ってもらった。(聞き手=根津 禎、構成=赤坂麻実)

インタビューに答える笠原氏(写真:加藤康、以下同)
インタビューに答える笠原氏(写真:加藤康、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!