自宅で採取した精液を郵送すると、精子濃度や精液量、総精子数などを測定することができる――。そんな検査キット「BUDDY CHECK(バディチェック)」を2018年7月に発売したのが、広島大学発ベンチャー企業のダンテだ。

 一般的な精液検査では精液中の「精子」を検査するが、同社のキットの特徴は精液中に含まれる「精しょう」を見ることである。精しょうには、精子のパフォーマンスに関わる多くの成分が含まれており、精子の持久力や動きのパターンに影響を与えることが分かっているという(関連記事12)。

 実は、精しょうの成分は生活習慣の影響を受けるため、今回のサービスを生活習慣を見直すための指標として利用してもらうことも想定している。その狙いや背景について、同社 代表取締役CEOの瀧本陽介氏に聞いた。

ダンテ 代表取締役CEO/ヘルスケアシステムズ 代表取締役の瀧本陽介氏(写真:上野英和、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

(聞き手は伊藤瑳恵=日経デジタルヘルス)

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら