健康機器のタニタが「食堂」をやって気付いたこと(page 2)

谷田千里氏 タニタ 代表取締役 社長

2018/07/23 11:00
伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス

――今やタニタの代名詞ともいえる「タニタ食堂」は、谷田社長が仕掛けた事業です。

 私が社長に就任したばかりの時期にテレビ番組の取材を受け、社員食堂で提供している食事を紹介したのです。500kcal前後で塩分控えめのメニューは、私たちにとっては“当たり前”でも、世間にとっては目新しいものだったようで、大変多くの反響があり、すぐに書籍の出版も決まりました。

クリックすると拡大した画像が開きます

 書籍の販売部数が100万部を超えたあたりから、「どこに行けば食べられるの?」という電話がお客様サービス相談室にかかってくるようになりました。「社員食堂なので一般の方には召し上がっていただけないんです」と答える日々が続いたのです。それまでの主力製品だった体組成計などの製品は、滅多に故障をしないので、あれほど電話が鳴りやまないことは初めての経験でした。

 そんなに要望があるなら事業としてやってみよう――。そう思い立って、レストラン業態のタニタ食堂を展開することにしたのです。当社は創業当時から新しいことに挑戦する姿勢を貫いてきました。過去を振り返ると、特許こそ取得していないのですが、ポップアップトースターや電気ポットをいち早く開発しています。常に柔和なアイデアで新しいことに挑戦する企業風土なのかもしれません。

 ただし、タニタ食堂は弊社にとって新しい挑戦ですから迷いや不安はもちろん伴いました。それを払拭するために思い出したのが、先代の社長である父の言葉でした。決断を迫られて迷うときが来るだろう、そのときに俺がどうしてきたかを教えておく、と言って伝えてくれた言葉です。

 それは、「私欲を捨てて、世の中のためになると思えたら実行しようと決断してきた」というもの。本当に迷ったときには、会社が儲かるかどうかという基準ではなく、原点に戻って世の中のためになるか、人の役に立つかを考える。自信をもって頷けたらやってみることにしているのです。

 世の中というと広いですが、身近なところでいえば、常に顧客の要望に真摯に耳を傾けるように心掛けています。タニタ食堂の展開は、その象徴といえるでしょう。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング