エイベックスが“線虫でがん診断”を支援するワケ(page 5)

保屋松靖人氏 AVEX&HIROTSU BIO EMPOWER 代表

2019/01/22 17:00
伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス

――がんを治療している子ども達を支援する事業も行われると伺いました。

 小児がんにかかると、治療費などの問題で金銭的に大きな負担を強いられます。例えば、日本では手の打ちようがないけれど、海外では治療の選択肢がある場合もありますが、数千万~数億円の費用がかかってしまいます。寄付を募ってどうにか治療を受けさせようと奮闘したり、お金が用意できずに途方に暮れたりする親御さんがいっぱいいるのです。

(写真:皆木優子)
クリックすると拡大した画像が開きます

 そんな小児がんの子ども達やその家族を支援したいと考え、一般社団法人 Empower Childrenを立ち上げました。Empower Childrenの運営は当合同会社が行っており、小児がんの子どもとその家族へ金銭的援助をします。

 さらに、Empower Childrenでは、小児がんの子どもの精神的ストレスを軽減するための活動も行います。治療ではなく、心を癒やすためにエンターテインメントを活用できたらと考えています。

 小児がんにかかると、治療によっては1年以上病院から出られない子どももいます。長期の入院は大きな精神的ストレスがかかります。治療を嫌がる子どもも少なくありません。

 そうした子ども達に実際にコンサートに来てもらうことは難しけれど、例えば病室にアーティストが訪問したり、VRやARを活用して病室のベッドにいながら、コンサート会場にいるような臨場感を味わってもらったりすることはできるかもしれない。そんなわくわくするような支援の仕方を検討しています。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング