目立ち始めた近隣住民からのクレーム

 メガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設工事を実施するにあたり、近隣との調整が必要となるケースも目立ってきました。

 最近は、住民説明会で「メガソーラー建設反対」を主張する近隣住民も多く、こうした住民対応に関する法律相談も多く寄せられています。

 近隣住民との紛争は、重機による騒音や振動など工事に起因して発生する場合もありますし、中には従前の地権者・事業主間の紛争が再熱し、嫌がらせ的なクレームが近隣から寄せられることもあります。

 また、設計者・施工業者からの法律相談としては、近隣住民から反対運動が起きている中で、事業主から「工事を強行してください」と頼まれ、どのように対応すればよいか苦慮している、という内容もあります。

図1●「メガソーラー」とのand検索による新聞記事検索結果(出所:「メガソーラー開発に伴うトラブル事例と制度的対応策について」2016年3月、環境エネルギー政策研究所)
[画像のクリックで拡大表示]