シンギュラリティが本当に到来するかどうかは、まだ分からない。人工知能が人間の知能を超えるのも、早くて数十年後のことだ。しかし人間とAIの関係は、既に猛烈な勢いで変わり始めている。AIと共に進み始めた人々の姿を紹介しよう。

人間拡張の時

 2015年11月、米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOが自身のFacebookページに1本の動画を掲載した。

 登場するのはスマホを手にした目の不自由な女性。女性に対してスマホのFacebookアプリが合成音声で語りかける。「友達が昨晩、写真をアップロードしました。写真には外、雲、葉っぱ、木々が写っています」。同社の人工知能(AI)が画像の被写体を認識し、女性に読み上げている。

 AIによって人間の能力は拡張され、不可能だった様々なことが実現可能になる──。これが一つ目の進化の形だ。

 「プログラミングができない個人投資家も、プログラミングが可能になる」。個人投資家向けツール「Capitalico」を提供するAlpacaDBの横川毅CEOはこう語る(図10)。

図10 AlpacaDBのデイトレーダー向けツール「Capitalico」
プログラミングができなくても、アルゴリズム取引を実現
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!